決済代行会社利用のコストについて

導入するときに費用がかかる

決済代行サービスはクレジットカードを扱うお店にとって救世主的存在ですが、この決済代行サービスを導入するには導入料金というものが発生するのです。導入料金はそれぞれの決済代行サービスにより異なるのですが、だいたい1万円くらいから5万円くらいの料金がかかります。 これはオンラインショップなどに決済ページを組み込み必要があるため、そのための費用がこの導入料金になるのです。これは、一度導入した場合それ以上かかるということもないので、あくまで初期費用になります。 また、月額の費用というものもあり、顧客情報を管理したり決済処理をするときにコストがかかるという要素もあり、これもそれぞれのサービスにより異なっているのです。

他にかかるものはあるのか

決済代行サービスはその他にも与信料というものを支払うことになるのですが、これは取引ごとにかかる費用になります。与信料というのはクレジットカードを持っているお客さんが決算をするときに、そのクレジットカードの与信額を確認するときの処理にかかってしまう費用になるのです。 与信料はどれくらいになるのかというと、これは1件でだいたい15円位からとなっています。費用項目をまとめてみると初期費用や取引手数料、与信料、月額利用料金などが必要になるので、決済代行サービスを選ぶときにはこれらの項目に注目して、どこの決済代行サービスを利用すると自分のお店にあっているのかを知ることができるので、確認しながら選ぶといいです。