決済代行の歴史を探る

クレジットカードの歴史から始まる

決済代行サービスの歴史を語る上で欠かせないのがクレジットカードであり、このクレジットカードにも歴史というものがあります。クレジットカードが出来たのが1950年代であり、それから遅れて10年後に日本でもクレジットカードが発行されるようになったのです。 クレジットカードはお金がなくても買うことができる画期的なツールであり、クレジットカードの普及率は年々増えているという傾向があります。クレジットカードは利用者がカードを使い購入するととお店が手数料を払ってカード会社が代金を立て替えてくれるので、かなり便利であり多くの人が利用しているのです。 そして年月は流れて1990年代後半になると、ネットビジネスというものが出現し決算代行サービスも登場します。

1990年代後半に登場したのが代行サービス

1990年代に入り、それが2000年に差しかかるときにネットビジネスが盛んになってくる兆しが出てくるのと同時に、決算代行サービスが登場したのです。この時代には専門の業者が登場して個人情報の扱いや利便性のほか様々な手数料などで差別化をすることにより、しのぎを削ってきました。 また、携帯電話の登場によりキャリア決済という代行サービスまで登場することになるのですが、これはクレジットカードよりも敷居が低く、携帯電話の使うことができる人はだれでも利用する事ができるというサービスなのです。決済代行サービスにより、お店側はまとめて手続きをすることができるようになり、更に便利にクレジットカードを取り扱うことができるようになりました。